会社概要
HOME > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

昭和39年10月 三条市西大崎436番地に於いて鍍金・塗装用治具を製造
個人営業を開始する
昭和45年9月 工場増築、三条化工株式会社と法人組織となる
資本金100万円、代表取締役・羽生建二郎
昭和49年11月 鍍金治具新工場完成
工場全面移転
昭和50年4月 増資 資本金1,000万円
昭和51年6月 ポリエチレン流動浸漬自動ライン導入
昭和51年12月 工場敷地として宅地988平方メートルを取得
昭和58年8月 粉体塗装工場完成
粉体塗装自動ライン導入
平成2年2月 鍍金治具自動焼付炉導入
平成3年5月 クロスシャットパワープレス導入
平成8年8月 代表取締役・田村暢浩が就任
平成9年6月 粉体塗装自動ライン導入(増設)
平成10年1月 粉体塗装検査ライン導入
平成13年11月 粉体塗装吸気装置導入
熱風循環式バッチ炉導入
平成14年2月 ナイロンコーディング、ロータリー式流動浸漬ライン導入
平成15年1月 粉体自動塗装機導入(増設)
粉体塗装予熱炉導入
平成16年4月 サーボプレスブレーキ導入
平成19年5月 ハイブリッドプレスブレーキ導入
平成20年4月 ISO14001:2004取得
平成21年12月 粉体自動塗装機導入(増設)
平成25年2月 NC制御付セットプレス導入